HOME > 夢詰麦

「夢詰麦」は、Fブランド食パンより価格を抑えた380円。甘食に近いパンを作ってみよう…ということで、今年6月から試作しました。ベーカリーパートナーさんはじめ、沢山の方々にご試食・レビューをいただき、みなさんの意見をもとに開発をすすめてきた食パンです。
材料は、北海道産発酵バター、特濃牛乳を使用したリッチな生地に、普段食パンには使用しない「水あめ」や「練乳」を配合し、しっとりもちもちの生地に。保存料無添加でミルクの香りとほんのり優しい甘さの甘食パンに仕上がっています。
8月1日から予約を開始し、夏季休業もあるなか、16日迄で382斤のご予約をいただきました。SNSでネーミングも公募し、沢山のご応募の中からベーカリーパートナーさんにご協力頂いた投票で「夢詰麦(ゆめつむぎ)」という名前になりました。一週間、完全受注制の予約販売でしたが、「毎日食べたい」「店頭に置いて欲しい」というお客様の声にお応えしていければと考えています。
また、以前からルワンダの教育を考える会代表のマリールイズさんに、ルワンダのナッツやコーヒーを使って一緒に何かできないか…というお話を頂いたり、ルワンダの学校給食でパンを提供したいので、パン作りを教えてもらえないか…などのお話しを伺ってきました。なかなか安定的に量が供給できなかったり、物流の問題などもあり、なかなか話が進んでいませんでしたが、今回のこの夢詰麦…1斤お買い求めいただくごとに30円を寄付させていただくことになりました。学校給食1人分がおよそ30円で提供できるということで、寄付額を30円に設定しよう!ということになりました。普段の食生活で十分に摂れない栄養を給食で提供できること、教育への意識がまだまだ低い中、給食を目当てに登校を促せることなどの効果が期待できるとのことです。
 みなさんのご意見をもとに開発をすすめ「美味しい」と自信をもって送り出せる一品。沢山の人の声から作られた、食べておいしいと思っていただける食パン「夢詰麦」が、国を超えルワンダの子どもたちの学校給食費に充てられ、笑顔につながるかもしれない…食べた人が幸せに、その幸せが国を超えてルワンダの子どもたちのハッピーに…そんな想いが詰まった、夢が詰まったパン「夢詰麦」。食を通じ、日本とルワンダを笑顔で繋ぎたい…みんなの想いが詰まったパンに育って行きます。

食を通して福島とルワンダをつなぐ(グローバルなパン)